味噌手作りセットなら杉浦醸造所

杉浦醸造所



 岡崎市 市制100周年 (2016年07月11日)
今年は、わが町岡崎市が市制100周年という事で
さまざまなイベントが開催されています。
その一環として、「MISO☆LAVO(味噌ラボ)」という
プロジェクトが進められてきました。
その内容は、岡崎市の代表的な特産品
「赤味噌」文化を広めていこう。というもの。
地元の高校生が中心となり
大学生も参加して行われてきたこのプロジェクト、
杉浦醸造所も地元の味噌業者の一つとして
取材を受けるなど協力させていただきました。

メンバーは4つのチームに分かれ、それぞれの会社と組んで
味噌を使ったメニュー開発に取り組むこと一年、
先日7月2日・3日に行われた食育メッセ内で
各社のこだわりや赤みそのすばらしさをプレゼンし
考案したメニューの試食会というかたちで
今までの成果が発表されました。
当日には、全国で味噌の素晴らしさを伝える活動をしている
「ミソガール1号」こと藤本さんもいらっしゃって
イベントを盛り上げて下さいました。
かわいらしいユニフォームで、
鼻の下をのばさないように苦労しました。(笑)

さて、杉浦醸造所の味噌を使ってくれたチームの
メニューはというと「肉味噌のぶっかけうどん」。
このホームページで紹介している
めんつゆの記事をみつけてくれて、味噌だけでなく、
「つゆを作って欲しい」という依頼をいただきました。
杉浦醸造所自慢の天下御免醤油、
角谷文治郎商店さんの三州三河みりん、
地元隆海屋商店さんの削りぶし。
地元のこだわりの材料を集めて作ったこの「つゆ」を
使ってもらいました。
楽しみにしていたのですが、
想像以上に美味しくてびっくりしました。

ちなみに、プレゼン当日の僕は、
畏れ多くもこの発表会に審査員の一人として
呼ばれてしまいました。
最初は、「ちゃんと採点しなきゃ」とそれぞれの項目に
点数をつけていこうとしたのですが
この一年、学校の合間の時間を割いて
本当に一生懸命取り組んできた
高校生たちのプレゼンを聞くうちに、
だんだん点数を付けられなくなってしまって・・・。

最後は審査用紙の真ん中に、
「みんなオール5。素敵でした!感動しました!」と
書いて提出して来てしまいました。
次は呼ばれないかも・・・。でも、いいですよね。
僕の中では全チーム優勝です。







>『味噌手作りセット』の杉浦醸造所TOPに戻る


>HOME  >伝統製法  >厳選素材  >作り方  >会社案内  >お問合せ